聖隷三方原病院ドクターヘリ格納庫 事務所検査

聖隷福祉事業団 聖隷三方原病院の北東に建築中の聖隷三方原病院ドクターヘリ格納庫が竣工間近となり、事務所検査を行いました。

今回の工事はドクターヘリの格納庫と場外離着陸場となるヘリパッドを含む施設整備です。これにより、聖隷三方原病院、聖隷浜松病院の屋上ヘリポートに加え、地上型のヘリパッドと格納庫の実績を積むことができました。

聖隷三方原病院は静岡県西部のドクターヘリの基地局となっています。今まで点検整備や荒天の際は、名古屋のヘリポートまでヘリを移動していました。その間、県西部のドクターヘリ救急医療が手薄になってしまう問題がありました。この施設の完成によりその問題が解消されると期待されています。 ※施設の運用は2021年7月開始予定です。

3月末までの工事となりますが、よりよいものをお施主様に引き渡しできるよう、最後まで気を引き締めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

新型コロナ対応 重症病棟