静岡県西部地震

先日9/27(日)に地震がありました。マグニチュードは5.3、浜松市内はほぼ震度3(気象庁情報)だそうです。最近の静岡県西部で起きた地震としては、短いとはいえ大きめな揺れだったと思います。後日他の人と話したところ、その時いた場所により個人差があるようですが。

週明けに弊社で手がけた免震構造を採用した病院の営繕担当者から連絡がありました。建物の内外ともに問題ないものの、揺れている最中にものすごい音がしたそうです。

調査をしたところ、基礎免震装置のひとつである滑り支承が動き始めたときの音のようでした。地震によって新品の滑り支承が動くときに発生する音鳴りだったようです。地震時に免震装置が滑ってくれた証拠と考えることができます。

地震は起きてほしくはないですが、震災に対する備えに問題ないかを改めて確認する契機にはなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

聖隷横浜病院 新病棟増設

次の記事

HOSPEX2020