HOSPEX2020

HOSPEX2020に行ってきました。COVID-19で開催が危ぶまれましたが、感染対策を徹底したうえでの開催となりました。(例年同時開催される日本医療福祉設備学会はWEBで開催。)

今年は感染対策をテーマとするブースが目立っていましたが、一番興味を引いたのはAI問診による診断サポートサービスUbieです。
2017年に設立した企業で、既にテレビ等でご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。私も以前報道番組と雑誌で見ていましたが、すごい勢いでサービス内容と会社規模を拡張しています。

主に医師の業務軽減を目的としたサービスですが、医療サービス(施設単独・地域連携)の質と患者の満足度(診断、待ち時間、COVID19対策など)向上にも踏み込んでおり、今後ますますサービス領域と採用施設が広がっていくことが見込まれます。くわしくは当該サイトを御覧ください。

AIだけでなくリモート診療、ロボット利用、パンデミックを含んだBCPなど建築計画に影響を及ぼす技術や知見がますます一般化されてきています。それに対応できる建築計画、設計提案をできるよう励んでまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

静岡県西部地震